AGAとは?

AGAについて

AGAとは、Androgenetic Alopeciaを略したもので、「男性型脱毛症」を意味します。徐々に進行する脱毛症で、思春期以降の成人男性によくみられる症状です。
AGAの発症頻度、統計データによれば、20代で約10%、30代では20%、40代では30%、50代以降では40%以上で、全年齢平均で30%と言われています。
統計上は、3人に1人程度はAGAになる可能性があります。
女性の場合は、「女性男性型脱毛症」と言われ、FAGAと略されます。

発症の原因

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)というものがあります。
髪の毛が生えだすと、それから2~6年程度は伸び続け、一旦抜けてから休止期を経てまた生えだします。ところが、AGAになると髪の毛が生え始めてから数か月から1年程度で抜けてしまって、全体に髪の毛が少なくなります。また、髪の毛自体も細くなります。
これは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が引き起こしていると言われています。この男性ホルモンの影響により、毛母細胞の増殖が抑制され、髪の毛の成長期が短縮することが報告されています。

AGAが進行する主なパターン

M字型脱毛

頭頂部脱毛

U字型脱毛

ヘアサイクル(毛周期)

正常なヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクルが正常な場合、髪の毛は2~6年かけて伸び続け、その後、退行期をむかえて髪の毛が抜けます。そして3~4ヵ月間の休止期を経て、また髪の毛が生えてきます。

AGAのヘアサイクル(毛周期)

AGAの場合、ヘアサイクルの成長期が数か月~1年間になります。正常な場合は成長期が2~6年ですので、ここが大きな違いです。

AGA治療は進化しています

近年、AGAや薄毛の治療薬が開発・承認されています。ヘアサイクル(毛周期)を正常化することで抜け毛を抑制したり、髪の毛が生えやすい環境を促進する薬で治療を行っています。
早い場合は3~6か月で効果が見られるようになってきました。AGA、薄毛でお悩みの方は、専門のクリニックにご相談ください。