オリジナル治療薬の効果

アークAGAクリニックの治療薬

AGAの治療でよく利用されるのはフィナステリド(商品名プロペシア)です。ヘアサイクル(毛周期)を正常化し抜け毛を抑える役割があります。

もともと前立腺の治療薬として開発されましたが、抜け毛・薄毛改善の効果が見られたため、薄毛の治療薬として販売されるようになりました。厚生労働省で最も早く承認(2005年)された治療薬です。

その後、発毛環境を整えるミノキシジルや、フィナステリドよりも強いデュタステリドが承認されました。

当クリニックでは、皆様の症状に応じて、抜け毛を抑える薬としてフィナステリドやデュタステリドを、発毛環境を整える薬としてミノキシジルを処方しています。

主な治療薬と効果

フィナステリド

フィナステリドは、AGAが引き起こすヘアサイクル(毛周期)の乱れを正常化し、抜け毛や薄毛を抑える働きがあります。

AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが過剰な働きをすることで引き起こされますが、フィナステリドはそのジヒドロテストステロンの発生を抑制する働きがあります。

AGA治療のメカニズムについての詳しい情報は、AGA・薄毛治療のメカニズムのページをご覧ください。

デュタステリド

デュタステリドは、フィナステリドよりも強力な治療薬です。男性ホルモン一種であるジヒドロテストステロンは、「5α-リダクターゼ」と呼ばれる酵素によって生じますが、デュタステリドは1型と2型の「5α-リダクターゼ」に効果があるのに対し、フィナステリドは2型にしか効きません。

そのため、デュタステリドによってAGA・薄毛治療を行い、ヘアサイクル(毛周期)を整えるのがよりスムーズです。

 

 

  フィナステリド デュタステリド
5α-リダクターゼ 1型 効果なし 効果あり
5α-リダクターゼ 2型 効果あり 効果あり

ミノキシジル

ミノキシジルは、髪の毛が生えやすい環境を整えます。当初、高血圧の治療薬として、血管を拡張し血圧を抑えるために利用されていました。

髪の毛の量が増えたり、髪の毛が太くなるなどの副作用が見られたことから、薄毛の治療薬として使用されるようになりました。