AGA・薄毛改善のメカニズム

AGA治療の概要

AGAや薄毛は、ヘアサイクル(毛周期)が正常な状態でなくなることによって生じます。
AGA・薄毛治療は、まず第一にヘアサイクル(毛周期)を正常化させます。そして第二に、発毛が促進される環境をつくります。

AGA・薄毛になる仕組み

人体には、テストステロンという男性ホルモンが存在します。この男性ホルモンに「5α-リダクターゼ」と呼ばれる酵素が働きかけることによって、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変わってしまいます。ジヒドロテストステロンは、ヒゲに対しては成長期を延ばす作用がありますが、頭髪においては毛母細胞の増殖が抑制され、成長期が短くなってしまいます。
その結果、ヘアサイクルの成長期が短縮化され、毛髪は細く短くなり、主に前頭部や頭頂部の毛髪が薄くなります。

AGA・薄毛のメカニズムをストップ

ヘアサイクルの乱れを止める

テストステロンに「5α-リダクターゼ」が作用することでAGA・薄毛が生じますが、デュタステリド、フィナステリド(プロペシア)を服用することで、「5α-リダクターゼ」の作用を止め、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを防ぎます。
これにより、ジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱すのを抑制し、抜け毛・薄毛を防ぎます。

さらに発毛を促進する環境へ

ミノキシジルは、元々、高血圧の治療薬として開発されました。そのため、血管を拡張する効果があります。この血管の拡張により毛髪が増えることが確認され、AGA・薄毛の治療薬と使用されるようになりました。
毛細血管の拡張により毛母細胞に働きかけ、発毛しやすい環境を整えます。

抜け毛防止と発毛促進でAGA・薄毛を改善

抜け毛・薄毛防止の治療薬と、発毛を促進する治療薬を併用することで、効果的なAGA・薄毛の治療が可能です。
AGA・薄毛の治療は、専門のクリニックに是非ご相談ください。